自閉症の症状改善

自閉症のトイトレの方法【オムツ外れのコツ全てお伝えします!】

今回は療育園と二人三脚で進めた、自閉症ハチのトイレトレーニング(オムツ外れ)について書いていきます!

トイトレを始めるまでは「自閉症のトイトレは健常児と同じ進め方でよいの?」「言葉がほとんど出ていないけれどトイトレを進めてよいの?」「そもそもオムツが外れる日は来るのだろうか…。」と、このような疑問と不安でいっぱいでした。そんな不安要素たっぷりだったハチも3歳半でオムツが外れました!

自閉症の症状の出方が一人ひとり違うように、その子に合ったトイレトレーニングの進め方も人それぞれです。その為、ハチのトイトレの方法が他のお子さんに合うかは分からないですが、同じように悩める親御さんの力に少しでもなれたら嬉しいです♪

※ハチは男の子の為、一部男の子向けのトイトレ内容となっていますがご了承下さい。

自閉症のトイトレ(オムツ外れ)の方法

この記事では自閉症のトイトレの方法として、オムツが外れるまでの流れや、オムツ外れのコツなど全てお伝えします!

またトイトレでとても役に立ったおすすめの踏み台もご紹介します!

トイレ

オムツが外れるまでの流れ

まず、ハチのオムツが外れるまでどの様な流れで進めたのか、大筋の流れをお伝えしたいと思います!

トイトレがスタートできる身体の準備が整っているかの確認を行う

具体的には排尿感覚が1時間以上空いているかをオムツが濡れているかでチェック。無事に1時間間隔が空いていたことと、やりとりが少しはできるようになってきているためトイトレをスタートする。(ハチが2歳3ヶ月の時で、言葉はほとんど出ていない状態です。)後ほど詳しく書きますが、排尿間隔は2時間以上空いてからスタートすることをおすすめします!焦って始めてしまった為、結果的にトイトレが長期化してしまいました・・・泣

排尿をオムツではなくトイレですることを伝える

ハチに①オムツではなくてパンツを履くこと。②これからはオムツの時のように漏らすのではなく、トイレで排尿と排便をすることを視覚的な絵を用いて伝える。(本やDVDで伝えてもよいと思います。)

※最初は療育園にいる6時間のみパンツで過ごし、家ではオムツで過ごしました。

排尿間隔に合わせてトイレに座らせる

療育園で排尿間隔(2時間)おきにトイレに連れて行き、トイレに座らせて排尿を促す。最初はトイレでの排尿経験がないため、パンツに漏らしてしまう。

パンツに漏らした不快感から、トイレで排尿できるようになる

パンツを履かせてからは2、3回程漏らしてしまうことがあり、あまりにもそれが嫌だった為、すぐにトイレで排尿ができるようになる。1度トイレで排尿できると、パンツに漏らすよりもトイレでする方がすっきりすると言うことに気が付き、その後も抵抗することなくトイレで排尿ができる。ただ、たまにやっていることに集中している時などに漏らしてしまうことがある。

療育園で排尿に慣れた頃に、家でもパンツを履かせトイレで排尿するようにする。

尿意に気が付くようになり、トイレに行きたくなるとモゾモゾするようになる

自分で尿意に気が付くようになり、トイレに行きたいときにモゾモゾと動くようになる。

尿意に気が付いたタイミングで、今までこちらが主導となりトイレに誘っていたのを、自分でトイレに行きたいと言うように変更する。(寝る前やお出かけ前など必ず行かなければならないときはこちらからトイレに誘う。)また、そのことをトイトレのDVDなどを見せ子供に説明する。最初はトイレに行きたいとなかなか言えずに数ヶ月漏らしてしまうことが続いたが、次第にトイレに行きたいと言えるようになる。

排尿のトイトレは完了、排便についてはなかなか進まず

排尿についてはトイレに行きたいとちゃんと要求できるようになり、漏らすこともなくなる。今まで便座に座って排尿をさせていた為、立ち便座での排尿の練習を実施。たってするのには抵抗もなくすぐにできるようになった。やーっと排尿のトイトレ完了。排便についてはオムツ(パンツ)にしたいというこだわり、オムツの安心感から数ヶ月漏らす日々が続く。

排便時に踏ん張りやすいように、家のトイレに足が付いてしっかり踏ん張ることができる踏み台を設置。

ランキング1位のこちらのトイトレ用踏み台を購入


キッズベビーマタニティランキング1位獲得 「大川家具」お家のトイレが幼児用トイレに大変身!置くだけ簡単 トイレトレーニング 踏み台 トイレ専用タイプ トイレ 踏み台 子供 踏み台 木製 トイレの踏み台 ふたなし

このトイトレ用踏み台ものすごくよかったです!

ココがおすすめ

安定感があり、安心して子供が自分1人で便座に座れる。

→排便時だけではなく、排尿時も抱き上げずに済み、親がの負担が軽減!

ココがおすすめ

踏み台を置いたままで大人もそのまま問題なくトイレに座れる。

→踏み台を片付ける手間もなく、踏み台は置きっぱなしでよいので、子供もトイレに行きたくなったらすぐに座れる。

ココがおすすめ

踏み台の安定感があり、排便時子供がしっかり踏ん張れるので、排便の練習がスムーズに進む!

→この踏み台を使って、排便時に上手に踏ん張れるようになりました。

 

排便についてわかりやすく説明してくれるDVDを購入し見せる。

踏み台でしっかり踏ん張れるようになり、DVDで知識も付き安心したのか、その後排便もできるようになる!排便についても一度できると、パンツにするより気持ちがよいということに気が付きそれからはパンツに漏らすことはなくなった。

以上がハチのトイトレの大まかな流れです!

続いてトイトレのポイントについて詳しくお伝えしていきます!!

トイレトレーニング

自閉症のトイトレ、いつから始めたらよい?

排尿間隔は2時間以上空いてからがおすすめ

トイトレを始める最適な時期を見極めることはとっても大切なポイントとなります。開始時期を間違えると、子供の準備ができておらずトイトレが長期化していまう原因となってしまいます。まさにハチはそのパターンでした。

ハチは身体が大きいため、トイトレ用のトレーニングパンツの100サイズが2歳3ヶ月の時点でピチピチでした。100サイズ以上のトレーニングパンツがお店には売っていない為、私が「早くトイトレを始めないとトレーニングパンツが入らなくなってしまう」と焦り、まだおしっこの間隔が1時間くらいしか空いていないのにトイトレを始めてしまい、

あまりオシッコの間隔があいていない→オシッコを溜める力がない→溜めれる量が少ない為尿意に気が付かない→漏らす 

という悪循環になってしまいました。その結果トイトレが長引くことに。(何度漏らしたパンツを洗ったことか・・・泣)焦らずに適切な時期にトイトレをスタートしていれば、もっと短期間でオムツも外れたのではないかと思います。

今思えばトレーニングパンツのサイズが無ければ、普通のパンツでチャレンジしてもよいし、トレーニングパンツを私が履いて伸ばすことだってできたはずです。(実際履いて伸ばしました!笑)

息子ハチ
ママ、パンツのアンパンマンの顔が伸びてるよ!
・・・。
ハチママ

今となってはそんなに焦って始める必要はなかったのかな~と思います。パンツについては普通のパンツでのトイトレは漏らしたときが大変ですが、その分本人の不快感も大きく、漏らしたときに本人が気付きやすいという利点もある為、トレーニングパンツを履かせるよりも早くトイトレが完了しやすいです。

そんなトイレトレーニングの長期化を防ぐためにも、自閉症のトイレトレーニングの開始時期を決めるポイントを続いてお伝えします!

トイトレの開始時期の決め方

トイトレの開始時期は月齢などではなく、子供の心や体が「自分でトイレに行く」ための準備が出来ているかがポイントです。この点については健常児のトイトレと基本的には同じだと思います。

トイトレの開始時期を決めるポイントはこちら⬇

トイトレ開始のポイント

  1. おしっこの間隔が2時間以上空いている(親がこまめにオムツを触ってみると分かります)
  2. 親と簡単なやりとりができる(意思の疎通ができる)

2、の簡単なやりとりができるについては、言葉が出ていなくても大丈夫です!

言葉が出ていなくても、首を縦横に振って意思を伝える事ができたり、絵カードを使ってやりとりができればOKです。

絵カードについては、トイレの写真を撮ったものでもよいですし、文字の方が入りやすい子なら文字でもよいですし、子供の反応がよい物で取り組まれたらよいと思います。

上記の二点のポイントが揃えば、トイトレを開始することができます!

また、トイトレは時間や労力がかかるので、親の気持ちやスケジュールに余裕がある時にスタートすることも大切です!



トイトレを嫌がる時は無理をさせない

トイトレを嫌がる時は無理をさせずに、ワンステップ戻っても良いと思います。

焦らずに時間をかけて無理をさせずにトイトレを進めると、排尿間隔の長い子に育ちます。ハチは実際に焦らずにゆっくり進めた為、4歳5ヶ月の現在で5時間くらい排尿間隔が空いていて、漏らすことも全然無いです。オムツを焦って短期間で外した友達の子は漏らしたらどうしようという恐怖心から排尿間隔がとても短いですし、漏らしてしまうことも多いです。

また、ご褒美シール(トイレに行ったら1枚シールを貼る)などを使って楽しんでトイトレに取り組ませることも大切です。

失敗しても怒らない、できた時には褒めまくる

自閉症は「失敗を忘れられない障害」と言われるとおり、失敗することや怒られることが極端に苦手です。怒らなくてすむように、自宅の環境を漏らしても親の負担が少ない環境に整えてトイトレを行うことをおすすめします。うちの場合は絨毯をリビングに敷き詰めてしまっていたため、その上に大きなブルーシートを敷いて漏らしてもサッとふきとれるようにしました。

また、できた時には大げさなくらいに褒めてあげましょう!ハチの場合褒められてクリアできたことがたくさんあります。

排便のみオムツが外れない時は?

排便は何かがきっかけで成功する子が多い

自閉症の子は排尿はトイトレが完了しても、排便の方がなかなか進まない子が多いです。友達の自閉症の子はオムツで排便をすることにこだわっていて、なかなかトイレで排便できなかったのですが、キャンプに行ったときにオムツを忘れたことがきっかけで、キャンプ場で初めて排便ができたそうです!

また別のお友達は、お風呂に入っている時に排便したくなってしまい、そのままトイレに座らせたら初めて成功したそうです!

何かきっかけがあると排便ができるようになることも多いようですので、焦らないことが大切です。

1歳頃からしておいた方がよいトイトレの取り組み

それから、まだ小さい子(1歳頃などまだトイトレをスタートしていない子)がいるご家庭では『オムツに排便させる時でもできる限り場所はトイレでさせる』ことをおすすめします!

ハチはトイトレを始めるまでの期間のオムツで排便は、どこでも好きな場所でさせていたため、完全に失敗しました。泣 そのせいでそもそも排便をトイレでするイメージ持てず、気が付いた時にはなぜかテーブルの下で排便することに強くこだわっていました!その為トイレで排便させるまで大変苦戦しました・・・。この件には、自閉症の特性である1度決めたルール変更が苦手、こだわりが強い、イメージすることが苦手(想像力の欠如)』がとても影響しているように感じます!

さいごに

色々なことを書いてきましたが、私の場合は療育園のサポートがあったからこそ取り組めた取り組みも多いため、皆さん全てを頑張ろうとせず無理されずにトイトレに取り組まれて下さいね♪

最後まで読んで下さり本当にありがとうございました!

 

排便のこと以外にも、お片付け、着替え、手洗いなどの内容が入っています。

ハチはこのDVDを見てから片付けもするようになり大変助かりました!

 


キッズベビーマタニティランキング1位獲得 「大川家具」お家のトイレが幼児用トイレに大変身!置くだけ簡単 トイレトレーニング 踏み台 トイレ専用タイプ トイレ 踏み台 子供 踏み台 木製 トイレの踏み台 ふたなし

この踏み台は安定感がすごくあり、排便だけでは無く排尿の時も1人で踏み台を使って座ることができ大活躍しました!

 

こちらの記事もおすすめです

自閉症3歳の特徴【逆さバイバイ、言葉の遅れ、クレーン現象などの情報満載!】

「うちの子は自閉症などの発達障害かもしれない」と不安に思うことはありませんか? 「周りの子と何か違う、なぜか育てにくい…。」もしそのように親が感じる場合は、子供が自閉症などの発達障害のなのかもしれませ ...

続きを見る

自転車の練習方法のコツ【この方法で2週間で補助輪が外れました!】

自転車の練習を始めるまでは、「三輪車でさえ上手に漕げなかった息子が、補助輪なしの自転車に乗れるようになるのか」とても不安でした。 そんな息子もなんと4歳1ヶ月の時に補助輪なしの自転車に1人で乗れるよう ...

続きを見る

言葉
言葉の遅れを3歳でまでに改善した方法【訓練の方法や言語聴覚士のアドバイスも公開!】

子供に言葉の遅れがあり「いつになったら話すようになるのだろう?」と悩んでいませんか? 息子のハチは言葉が遅いなと思っていたら、2歳0ヶ月まで一言も言葉を発しませんでした。話さないどころか、ご飯を食べて ...

続きを見る

応援のワンクリックお願い致します!(クリックしていただくと、自閉症育児ブログのランキングページが表示されます!)

-自閉症の症状改善

© 2020 自閉症児ハチの育児ブログ