自閉症の症状改善

失敗を極端に恐れる発達障害の息子!【白黒思考の子と上手く関わるポイントは?】

私はもうすぐ5歳になる自閉症の息子を育てていますが、うちの息子のハチは異常な程、失敗することを嫌がります!

失敗することを嫌がるだけではなく、初めて何かにチャレンジする時に最初からうまくできない時などにも、毎回泣き出してしまいます。

最初からうまくできないのは当たり前で、練習したり、教えてもらうことでできるようになることもあることをハチは分かっておらず、

できない=(イコール)失敗

と決めつけてしまっているようです。

ここ最近であった、失敗を極端に嫌がる例を挙げると・・・

失敗を嫌がる例

  • スマホの文字入力で濁点(゛)の入力方法をハチに聞かれたため「ここのボタンを押すとよいんだよ。」と私が伝えただけで、ハチは「できないんだよ!」と入力にチャレンジする前から泣き出してしまう。
  • ボールのキャッチボールをしていて、うまくボールがキャッチできないだけで泣き出す。

など、失敗したと言う思い込みから、一日に何度も泣き出してしまいます。(療育園に通園している時以外は1人で息子を育てている為、これが結構しんどかったりします・・・。)

今回の記事では、「発達障害の子に多い、失敗を極端に嫌がってしまう特性」について書いていきます!

失敗を極端に恐れてしまう特性はすぐに治るものではないですが、効果的な関わり方など、療育園からもらったアドバイスも紹介していこうと思います!

極端に失敗を恐れるのは発達障害の特性の一つ

失敗失敗を極端なほど恐れてしまう特性のことを白黒思考といい、この白黒思考は発達障害の子に多くにられる特性です。

白黒思考とは?

物事を白と黒で判断し、グレーゾーンを認められない特性。

ハチの場合、個性や性格の度を超えて失敗を恐れていた為、「何でこの子はこんなにも失敗を恐れるのだろう?」と母親の私は悩んでいましたが、発達障害の子に多い特性ということなら納得です!

ハチの場合、この白黒思考の影響により失敗を極端に恐れて、生活の中でも幅広く悪影響が出てしまっています。

例えば、

  • 「ダメだよ。」と注意されただけで泣く。(かなり優しく言っても泣きます。)
  • 「×のマーク」や「ブブーという否定系の音」をとても嫌う。(そのせいで、くら寿司のビッくらポンを怖がりくら寿司にも行けません。笑 Eテレのしりとり列車のコーナーも間違えたり「ブブーの音」をとても怖がります。)
  • ちょっとアドバイスをしただけで泣く。

とこんな感じです!

同じ療育園に通う自閉症の子のお母さんは「子供が負けるのが苦手で、1番でないと泣き出してしまい困っている。」と悩んでいました。

わりと私の周りの自閉症の子には、ハチとは違い「負けることを極端に嫌う」タイプの子が多い気がします。

同じ「白黒思考」の子でも・・・

  • 1番になりたがる、負けるのが苦手
  • 否定されることが苦手
  • 失敗を極端に恐れる

など、症状の出方は子供によって様々です!

自閉症の子の中でも息子の「白黒思考」は特にひどい

現在ハチは療育園に通っているため、失敗が苦手なハチの特性に先生が合わせてくれている為、白黒思考でも今は園の生活を問題なく送れています。ですが、いずれ上がる小学校では問題だらけなのではと心配しています!

療育園の先生に「ハチの極端に失敗を恐れる特性によって、園での生活中に困ることはないか?」と聞いてみたところ、

発表会の劇の練習をみんなでした時に、始めからできないことを失敗と思い込んでいるハチは、ダンスの練習が始まった途端「できないんだよ!」と怒りだしてしまったそうです。

なので、ハチだけは個別でダンスの練習をしてもらい、ある程度踊れるようになってから他の子と一緒に踊る練習をしたとのことでした。(ハチは同じ自閉症の子の中でも、特に「失敗を極端に恐れる特性」が強く出ていると知り、少しショックでした!)

小学校ではこのような特別対応はなかなか難しくなってくると思います。授業中も間違えたり、失敗することも多々出てくるはずです。

 

現在ハチは年中で、来年度から小学校の進路相談もスタートします。母親の私はハチを支援学級に入れるか普通学級に入れるかでとても悩んでいます。

支援学級と普通学級の支援をまとめた記事もあります

発達障害の子が書いた小学生の絵
知的な遅れの無い子&グレーゾーンの発達障害の子の小学校の進路選び

知的に遅れが無い子やグレーゾーンの子の進路選択、非常に悩ましいですよね! 高機能自閉症と診断されている息子のハチは現在年中ですが、普通学級、支援学級どちらの方が向いているのか?とても悩んでいます。 こ ...

続きを見る

この「極端に失敗を恐れる特性」が落ち着くかどうかも、支援級か普通級を決める判断基準にもなるのかなぁと親としては思っています。

ハチママ
本人が幸せだったら普通級でも支援級でもどっちでもよくて、できるだけ本人に合った進路を選びたいとは思っていますが・・・悩みます~。

極端に失敗を恐がる特性の治し方やアドバイス

この「極端に失敗を恐れる特性」により、生活の中でも困ることが多々あるため、療育園の先生に相談をしてみました。

やはり、この「極端に失敗を恐れる特性」とは数年単位で向き合っていく必要があるとのことでした!

ハチママ
やはり、簡単に治るものではないのですね・・・!

療育園の先生からのシーン別アドバイス

◇失敗しそうなことにチャレンジする時は?

→チャレンジ前に、失敗しても大丈夫ということを伝えてから始める。(例えば、迷路を鉛筆でなぞる課題で、「迷路の道順を間違えて書いてしまった時は消しゴムで消せばいい。」と事前に伝えてから始める。)

 

◇失敗や間違えを極端に恐れる時の対策は?

→正解の幅を広げる練習をする。(例えば、アンパンマンの色々な絵を用意して(本物のパンでできたアンパンマンの写真や下手な絵のアンパンマンなど。)どれもアンパンマンなんだよ。と正解の幅を広げる練習を行う。)

 

◇負けることを極端に嫌がることへの対策は?

→ババ抜きやUNO、しりとりで親が負けてみて、気にしないことを繰り返し伝える。

 

と、このようなアドバイスをもらいました!

負けることを嫌がる特性そのものを治すことは、生まれ持った特性のため難しいですが、少しずつでも失敗を受け入れられるようになってくれたらと思っています!

最後まで読んで下さり、ありがとうございました!

こちらの記事もオススメです

自閉症の3歳
自閉症3歳の特徴【逆さバイバイ、言葉の遅れ、クレーン現象などの情報満載!】

「うちの子は自閉症などの発達障害かもしれない」と不安に思うことはありませんか? 「周りの子と何か違う、なぜか育てにくい。」「逆さバイバイや言葉の遅れがあり心配。」 もしそのように親が感じる場合は、子供 ...

続きを見る

くもんの高進度トロフィー
自閉症の子の習い事、おすすめは?【自閉症児の6つの習い事経験談!】

自閉症の息子は「英会話」「ピアノ」「公文」「学研」「そろばん」「七田式」この6つの習い事を経験してきました。 息子は自閉症の為、 自閉症の特性 注意がそれやすい(注意欠如) ザワザワした人の多い環境が ...

続きを見る

応援のワンクリックお願い致します!(クリックしていただくと、自閉症育児ブログのランキングページが表示されます!)

-自閉症の症状改善

© 2021 自閉症児ハチの育児ブログ