自閉症の症状改善

【注射が怖い子必見!】自閉症の子が注射をスムーズに打つ方法

大人や健常児でも怖いと思う「注射」

不安や恐怖を感じやすい自閉症の子に注射を打つのはなかなか大変な作業です・・・。

自閉症の息子ハチは、2歳まではそもそも注射をよく分かっていなかった為、注射を嫌がることなく打てていましたが、

3歳になってから本格的に注射を嫌がるようになりました!

ハチママ
ついに、恐れていた時が来てしまった・・・。

そこで通っている療育園に相談したところ、とてもスムーズに注射を打つことができました。

こちらのページでは、療育園の先生から教わった自閉症児にスムーズに注射を打つ方法をお伝えします。

自閉症ではない子で注射を怖がる子にも、取り入れてもらえる内容となっています!

こちらのページは、このような方にオススメです⬇

このような方におすすめ

  • 自閉症の子が注射を極端に怖がり困っている
  • できるだけ子供にスムーズに注射を打ちたい

自閉症とは?という方に向けて、自閉症の息子の特徴を書いた記事もあります⬇

様々な自閉症、子供
高機能自閉症と診断された息子の特徴【診断が外れそうな程成長しました!】

息子のハチは1歳10ヶ月の時に自閉症と診断されています!まだ1歳では月例が小さすぎた為自閉症スペクトラム障害と診断され、後に高機能自閉症と診断されました。 (※高機能自閉症とは知的な発達に遅れの無い自 ...

続きを見る

注射が怖い自閉症の子にスムーズに注射を打つ方法

注射

では早速、「注射が怖い自閉症の子に注射をスムーズに打つ為のポイント」をお伝えしていきます!

ポイントは大きく分けて3つあります⬇

ポイント

①注射を打っている最中は、10秒数えて注射の終わりの見通しを持たせる

②必ず、注射の後に頑張ったご褒美を設定する

(③絵カードやメモで視覚的な手順書を使用し、手順をはっきりさせる)

※ポイント③については、取り組んでもらったほうが効果的ですが、手順書の用意が難しい場合などはやらなくてもOKです。

とにかく親御さんの負担にならない程度に無理をされずに、取り組めそうなことだけでも取り入れてもらえれば、少しでも注射がスムーズになると思います!

ポイント①「10秒数える」とポイント②「注射の後にご褒美を設定する」は、簡単に取り組めて効果が大きいためオススメです!

続いて、お伝えした3つのポイントについて詳しく説明していきます!

ポイント①注射を打っている間は、10秒数えて見通しを

病院の先生にここだけ協力をしてもらって、10数えながら、10数えている間に注射を打ち終えてもらいます。

10はゆっくり数えても良いので、必ず10数える間に注射を終えてもらうようにお願いして下さい。

10数えることの意味は、「10数えることによって嫌なことを10秒だけ我慢すればいい」という嫌なことの終わりの見通しをもつことに繋がります。

嫌なことの終わりがはっきりしていれば、注射も我慢しやすいです。



ポイント②注射の後にご褒美をあげる

注射の後にご褒美があると分かっていると、怖い注射も頑張って乗り越えることができます!

注射の後の頑張ったご褒美はできるだけ本人に選ばせると、より注射を頑張れます。

息子ハチ
僕のご褒美は大好きな干し柿だよ~

ポイント③視覚的な手順書を使用し、注射の見通しをもたせる

自閉症の子は耳から入る情報よりも視覚的な情報の方が伝わりやすいため、

可能であれば絵カードの手順書を使って、注射の見通しをもたせます。

(絵カードの準備が難しい場合で、字が読める場合は文字で手順を書いてもOKです!)

本当なら、手順書をみなさんにダウンロードしていただけるようにできたらいいなと思っているのですが、私のPCスキルが低く実施できておらず申し訳ないです・・・。

いずれはできたらと、思っています!!

自閉症のハチには以下の手順書を使用しています

自閉症の注射の手順

絵カードの手順の内容

絵カードの手順内容

まちます

しんさつ

ちゅうしゃ

まちます

(家で)ごほうび

一つの行程が終わると、下のポケットに絵カードを入れていきます。

(メモで手順書を書く場合は、行程が終わったら横線で消して下さい。)

 

視覚的に注射の流れが分かる為、子供が見通しをもて落ち着いて注射を受けることに繋がります。

実際に息子に使用し、驚くほど注射がスムーズでした!

 

注射を頑張ったご褒美については、より子供が想像しやすいように以下のパターンを用意しました⬇

注射が怖い時のご褒美

  • 家でご褒美
  • 車でご褒美
  • 車でシュークリーム

どこでご褒美がもらえるのか、場所が分かった方が子供はよりイメージしやすいです。

注射に行くことは事前に伝えよう

手順書を使う場合は、注射に行くことを本人に事前に伝えておいた方がスムーズです。

以前、「注射に行くことを事前に伝えたら嫌がって病院にいけなくなるのでは?」と私の勝手な判断で、急に注射を打たせたことがありますが、完全な失敗でした。

その時息子は、風邪などで病院に行き注射をしない時でも「今日も急に注射をされるかもしれない」と思ってしまい、通常の病院に行くことすらも困難になってしまいました。

手順書などで見通しが持てていて、ご褒美があると分かっていれば注射を乗り切れる可能性が高いため、事前に注射に行くことを告知しておきましょう!

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

少しでもお役に立てれば幸いです!

こちらの記事もオススメです

《障害年金をもらうために》小さい頃から準備しておいた方がよいこと

こちらのページでは「障害のある子が将来障害年金をもらうために、子供の頃から準備しておいた方がよいこと」についてお伝えします! こんな方におすすめ 子供に発達障害があり将来に不安がある。子供が将来困らな ...

続きを見る

散髪の絵カード
自閉症の散髪をスムーズに行う方法(肌に髪の毛が付かない散髪ケープも紹介!)

この記事では「自閉症の子が美容院や自宅でスムーズに散髪を行うための方法」をお伝えします! 自閉症のハチは美容院に行くことが不可能なほど散髪を嫌がっていました。 嫌がり大泣きをし、じっと座っていられない ...

続きを見る

応援のワンクリックお願い致します!(クリックしていただくと、自閉症育児ブログのランキングページが表示されます!)

-自閉症の症状改善

© 2020 自閉症児ハチの育児ブログ