自閉症の症状改善

自閉症の息子はこだわりの男!【療育園で学んだ対処方法もお伝えします】

うちの息子のハチは自閉症です!そして「こだわりの男!」です。

ハチは現在4歳ですが、1歳~2歳ぐらいの時が一番こだわりが強かったです!

自閉症の三大困り事の一つとも言われる「こだわり」!私も相当悩まされました!

親からしてみたら、

ハチママ
息子よ、なぜそこにこだわる?

というようなことに、なぜかこだわっちゃうんですよね・・・。

療育園と二人三脚でハチのこだわりに適切に対処していたら、現在では気が付いたらこだわりは無くなっていました!

自閉症のこだわりは、「心が不安な時に安心するために増えることが多い」という話も聞くので、今はハチの心もだいぶ安定しているのかな?とも思います。

この記事では以下のことをお伝えします⬇

このような方におすすめ

  • 自閉症の子に実際どのようなこだわりが出るのか知りたい
  • 自閉症のこだわりへの適切な対処方法を知りたい

実際に自閉症の息子に出ていたこだわり

こだわりのある子

重度のこだわりの男だった息子ハチ。

ハチに実際にどのようなこだわりが出ていたのかをお伝えしていきます!

息子の自閉症の特徴はこちら

自閉症の3歳
自閉症の息子の3歳の特徴【逆さバイバイ、言葉の遅れ、クレーン現象を改善した方法も紹介!】

「うちの子は自閉症などの発達障害かもしれない」と不安に思うことはありませんか? 「周りの子と何か違う、なぜか育てにくい。」「逆さバイバイや言葉の遅れがあり心配。」 もしそのように親が感じる場合は、子供 ...

続きを見る

【自閉症のこだわり1】常に全員で行動しないといけない

ハチのこだわりは基本的に「同じであることにこだわる」ことから起こってしまうものが多かったです。

ハチは同じであることにこだわり過ぎて、車に最初に4人で乗ったら1人だけ途中で降りると大号泣してパニックになってしまっていました。

私はこの現象がまさかこだわりから来ているとは思いもしなかった為、「お別れするのが悲しいのかな?」と思っていました。ですが、1度ハチと初対面の親戚の人を車で送迎して、親戚の人が下りた際にも大号泣していたので、こだわりだということに気が付きました!

親戚のおじさんも「そんなにおじさんとのお別れが寂しいの?」と驚いていました。笑

この最初の人数から人が減ると怒るという現象は、車だけではなく通常の徒歩でのお出かけの時にも同じように起こりました!

こだわりのせいで、買い物に行った際も常に最初のメンバーで固まって行動しなければならず、なかなか大変でした。

【自閉症のこだわり2】上着を登園時着ていた場合、降園時も必ず上着を着ないといけない

続いてのこだわりも、同じであることにこだわることから起こってしまっていました!

「療育園に登園するときに上着を着ていた場合、降園時も必ず上着を着ないと嫌だ。」というこだわりがありました。

朝と夕方の寒暖差がある時に、いつも困るこだわりでした。

降園時に気温が上がり暑いので、登園時に着ていた上着を着せずに帰らせようとすると、

息子ハチ
うわぎ~、うわぎがなーい!

と、大号泣しながら癇癪を起こしてしまっていました。

うちの療育園には療育に精通したプロの保育士さんが多数いらっしゃるので、すぐに以下のような対応策を考えて下さり、一緒に対応して下さいました。

上着のこだわりへの対応策

  • 降園前に、上着の絵に×が書かれた絵カードを用いて「暖かい時は上着を着ない」ということを説明。
  • 当然上着を着たいハチはパニックを起こすが、その絵カードを見せながら、一貫して上着は着せない。
  • パニックが落ち着いたら降園。

パニックは30分~1時間くらい起こしていましたが、泣いたからといって上着を着せると「泣くことによって、不適切な要求も通る」と子供が思ってしまい、よくないこだわりが強化されてしまうため、一貫して上着は着せませんでした。

療育園の先生には感謝の気持ちでいっぱいです!なかなか親が1人でこだわりや癇癪と向き合うのも大変ですよね。

癇癪対応の方法を書いた記事もあります

自閉症の癇癪が減る方法【たったこれだけでパニックが落ち着きました!】

「うギャーぁぁー」と絶叫しながら床に寝そべり手足をバタバタ… 自閉症児の親を悩ませる、自閉症の症状の困り事の代表格といえば…そう!癇癪(パニック)! 息子のハチは1歳代で自閉症の診断がはっきり下りるほ ...

続きを見る

自閉症のこだわりへの対応方法

自閉症のこだわりへの対応方法としては、以下の方法がおすすめです。

こだわりへのオススメの対応方法

  • 生活に支障が無く、危険がないこだわり→ある程度こだわりに合わせる
  • 問題のあるこだわり→こだわりの代わりになるものを提案する、一定の条件付きでこだわりを認め徐々に減らしていく

適切に対応していた為、ハチのこだわりは現在はなくなりましたが、こだわってしまう自閉症の特性は今後も持ち合わせているので、気をつけながら見守っていきたいと思っています。

最後まで読んで下さりありがとうございます!

こちらの記事もおすすめです

くるくる回る子
くるくる回る自閉症の息子【エスカレーターなども大好き!】

自閉症の子の特徴に「くるくる回る」というものがあります。 うちの息子のハチは自閉症の診断を受けていますが、本当に頻繁に回っています! 自閉症の症状(癇癪やこだわりなど)については、色々な療育や訓練を受 ...

続きを見る

-自閉症の症状改善

© 2021 自閉症児ハチの育児ブログ